spot_img

Exclusive articles:

Breaking

|第7回世界伝統宗教指導者会議|カザフスタンが世界的な関係強化の新たなセンターとなるか?

【アスタナIDN=カリンガ・セネビラトネ】 ローマ法王フランシスコが、東西をつなぐ新たなルート(道筋)の中心として中央アジアのカザフスタン共和国が台頭してくる見通しを提起した。しかし今回は、人間関係と尊重を基盤としたルートの話である。 カザフスタンはかつて、シルクロードと呼ばれる、東西をつなぐルート(交易路)を通る貿易商や旅人たちが出会う場所だった。この21世紀にあっては、中国が「一帯一路」構想として知られる鉄道や高速道路網を通じた新たなシルクロードを構築しようとしている。 カザフスタンの首都ヌルスルタン(17日にアスタナに改称)で第7回「世界伝統宗教指導者会議」が9月14日に開会されるにあたって、ローマ法王は、人間を純然たる物質的な欲望の追求から引き離すこうしたルート(道筋)に新たな定義を与えた。 ローマ法王は「私たちは、かつて隊商たちが数世紀にわたって旅してきた国に集っています。この土地では、とりわけ古代のシルクロードを通じて、多くの歴史や思想、宗教的信条、希望が交錯してきました。」「カザフスタンが再び、遠くからやってきた人々の出会いの地となりますように。」と、50カ国以上から参加した主に宗教指導者から成る約1000人の聴衆に語り掛けた。 法王はまた、そうしたルートは「尊敬、真摯な対話、人間尊重、相互理解を基盤とした人間関係を中心としなければなりません。」と語った。 カザフスタンのカシム=ジョマルト・トカエフ大統領は、12世紀から14世紀にかけてヌルスルタンには仏教寺院、キリスト教の教会、イスラム教のモスクが建っていたことを指摘し、「カザフの大地は、昔から東西の架け橋でした。しかし、残念なことに、(今日の国際情勢を見渡せば)不審と緊張、紛争が国際関係に舞い戻ってきています。」と語った。 トカエフ大統領はまた、「これまでの国際安全保障体制が崩壊しつつあります。」と指摘したうえで、「これらの危機を克服する方途は、善意と対話、協調の中にしかありません。」と断言した。 ローマ法王は、新型コロナウィルス感染症の世界的な流行(パンデミック)によって「強制的にもたらされた世界の不平等と不均衡という不公正」を根絶するために協力するよう、世界各国から集った宗教指導者らに熱心に語りかけた。 「今日でも依然として、どれだけの人々がワクチンを受けることができずにいるでしょうか?より多くを手にし、僅かしか与えないものたちの側ではなく、困っている人々の側に寄り添おうではありませんか。自ら予言的で勇気をもった良心の声となろうではありませんか。」とローマ法王フランシスコは語りかけた。 「貧困はまさに、伝染病やその他の巨悪の蔓延を可能にするものです。不平等と不公正が増殖し続ける限り、新型コロナウィルス感染症よりもさらに悪いウィルス、すなわち憎悪、暴力、テロリズムといウィルスがなくなることはないでしょう。」と法王は警告した。 全体会議では、主要宗教や各地域を代表する多くの講演者が同様のメッセージを発した。 カイロのアルアズハル大学の総長で同モスクのグラントイマームであるアフマド・アル・タイーブ師は、パンデミックから回復しようとしているときに、別の災害が出てきている状況を嘆いた。「私たちは最近、グローバル経済に影響を及ぼす傲慢な政策の影響を受け、民衆の生活が破壊されています。道徳的な教えを持つ宗教が、現代文明を導いていないことは痛ましいことです。」と語った。 ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長であるボロコラムスク府主教アンソニーは、キリル総主教の声明を引用して、「私たちは、事実が捻じ曲げられるのを見たり、国々や人々に対する憎悪にまみれた言葉を投げつけることで、人々を対話と協力から遠ざけたりする様を見てきました。」と述べたうえで、そうした対話を行う機会を与えてくれた「世界伝統宗教指導者会議」への謝意を述べた。 「文明は善悪で分割することはできません。私たちは相互の尊重を育んでいく必要があります。」と語ったのは、中国道教協会の李 光富(リ・コウフ)会長である。 二聖モスクの守護者(サウジアラビア国王)を公的に代表するサレー・ビン・アブドゥル=アジズ・アル・アシュ=シェイク師はまた、宗教間に橋を架けることの重要性を語った。「宗教が社会に混乱をもたらすために利用されないようにしなくてはなりません。私たちは社会的責任の価値を促進する必要があります。従って、宗教指導者の役割は、慈善、正義、公正さ、思いやりを実践するよう、他の人々を動機づけることであるべきです。」と師は訴えた。 日本の仏教団体・創価学会の寺崎広嗣副会長は、「苦境にある人々に手を差し伸べることが以前にも増して重要になっています。」と指摘した。寺崎副会長は、法華経の教え(「自他共の幸福」の思想)を紹介しつつ、「(さまざまな脅威を克服する“万能な共通解”は存在しないからこそ、)困難を抱える人のために自らが『支える手』となり、共に喜び合えるような関係を深めていくことが重要である」との池田大作SGI会長の2022年平和提言の趣旨を強調した。また、「生きる喜びを皆で分かち合える社会を目指し、宗教間の連帯を広げていきたい。」と述べた。 アフリカから唯一の代表であった「全アフリカ教会協議会」のフィドン・ムウォンベキ博士は、他者の尊厳を尊重せずに、他者が反応した際に紛争を引き起こしてしまうような人物はあらゆる宗教にいる、と指摘した。この点の説明をIDNが後にさらに詳しく求めたところ、博士は「人間がお互いに顔を合わせないときには、ステレオタイプを持ってしまう。しかし、互いに顔を合わせれば、そうしたステレオタイプが違っていたことに気がつくだろう。」と説明した。 ムウォンベキ博士は、アフリカでは、ソマリアやコンゴ、ナイジェリア北部で起こっていることから、多くの人がイスラム教は暴力的だと考えていると説明した。「私はここでイスラム教徒に会い、彼らがイスラム教についてどのように話しているか、すべての人の人間の尊厳へのコミットメントを見て、(私は)彼らの人生に対する態度が(ステレオタイプとは)異なっていることを理解しました」と指摘した。 最終宣言 ローマ法王フランシスコの参加を得て2日間の日程で開催された第7回会議の最終宣言には35の項目と勧告が盛り込まれた。この宣言は、世界のどの国の行政機関でも、また国連などの国際機関でも利用可能な文書を作成することによって、人類の現在および将来の世代が、相互尊重と平和の文化を促進するための指針とすることを確認したものである。 「世界伝統宗教指導者会議」事務局長でカザフスタン議会の上院議長をつとめるマウレン・アシムバエフ氏は、この宣言は発表後に次の国連総会において加盟国に提示されることになると語った。 宣言はまた、会議の事務局に対して、2023年から33年の10年間、世界伝統宗教指導者会議を世界的な宗教間対話のプラットフォームとして発展させるためのコンセプト・ペーパーを策定するよう、会議事務局に指示した。 第7回会議の閉会にあたって、トカエフ大統領は、「宗教が持つ平和構築の潜在力を有効に活用し、宗教指導者の努力を結集して長期的な安定を追求することが重要である。」と語った。 「コロナ後の世界において地政学的な混乱が激化する中、グローバルなレベルで文明間の対話と信頼を強化するための新しいアプローチを構築することがより重要となっています。今回の会議は、このような重要な取り組みに大きく貢献できたと確信しています。」と、トカエフ大統領は語った。 また、カザフスタンを訪問し会議に出席したローマ法王に対する謝意を表明し、「今回の法王のご訪問により、最終宣言に盛り込まれたアイディアや提言が世界的に一層よく知られるようになると考えています。」と語った。 第8回世界伝統宗教指導者会議は3年後の2025年9月に同じヌルスルタン(アスタナ)で開催されることが最終セッションで合意されている。(原文へ) INPS Japan 関連記事: 宗教指導者が集い、傷ついた世界を癒す方法を探る |第7回世界伝統宗教指導者会議|ローマ法王、多民族・多宗教が調和するカザフスタンのイニシアチブを祝福 著名な仏教指導者が「コロナ禍と気候変動の影響を乗り越えることが必須」と訴え

先住民を脅かす気候変動―彼らの視点を取り入れよ

この記事は、戸田記念国際平和研究所が配信したもので、同研究所の許可を得て転載しています。 【Global Outlook=カリン・ゲルハルト/ジョン・デイ/ラリッサ・ヘイル/スコット・F・ヘロン】 オーストラリアの先住民は気候変動による多くの脅威に直面しており、それは食料供給から健康問題にまで及ぶ。例えば、海面上昇によりすでにトレス海峡の島々では浸水が発生しており、壊滅的な被害が生じている。 気候変動に関する政府間パネルによる影響と適応に関する直近の報告書では、オーストラリアに関する章において、気候変動がアボリジナルの人々やトレス海峡諸島民、そして彼らの土地と文化に及ぼす影響は「広範、複雑、複合的」であると記されている。(原文へ 日・英) これらの影響が記録されることは重要であるが、データの出典の大部分は西洋科学に基づく学術文献である。「伝統的所有者」たちが彼らの土地で経験し、対処している影響や困難は、彼ら独自の視点から評価し対処されなければならない。 「伝統的所有者」たちは、6千年以上にわたってオーストラリアで暮らしてきた間に気候の変化を乗り越え、適応してきた。それには、現在グレートバリアリーフとなっている一帯を水没させた海面上昇や、降雨量の極端な変動などがある。その結果、時間の経過に伴う自然の変動に対する繊細な感覚を彼らは発達させた。 そこで、私たちは何をしたか? Yuku Baja Muliku(YBM)の先住民の人々は、クイーンズランド州北部アーチャーポイント周辺に広がる彼らの「陸と海の国」に見られる変化を案じ、文化的価値への影響を評価する新たな方法を創出するため、ジェームズクック大学の研究者と協力を行った。 私たちはそのために、価値観に基づき、科学的根拠に主導され、コミュニティーに重点を置いた気候脆弱性指数のアプローチを用いた。この指数が、先住民の人々にとって重要な意味を持つ価値を評価するために使われたのは初めてである。 YBMの人々は次に挙げるような、彼らの価値観に生じた変化を評価するための主な質問に回答した。 その価値は、100年前はどのようなものでしたか? それは現在どのようなものですか? 2050年頃の将来の気候において、それはどのようなものになると予想しますか?その価値に関連してどのような管理方法がありますか、それは今後変化しますか? そのうえで、これらの気候変動からどのような問題が生じたかを議論した。 このプロセスを用いて、YBMの人々の暮らしぶりに直接影響を及ぼしている問題を洗い出すことができた。例えば、伝統的な食料源は気候変動による影響を受ける可能性がある。アナン川ではかつて、カラス貝を簡単に見つけて採ることができた。しかし、ここ10年の極端な気温現象が大量死をもたらしている。今やカラス貝は以前よりはるかに小さくなり、数もはるかに少ない傾向がある。 また、この過程で、降雨量と気温の変化により一部の食用植物が出現する時期が変わっていることも記録された。これは特に、花が開き、あるいは芽が出るためには野焼きが必要な植物に当てはまる。これはひいては、採集・収穫のタイミングが変化したということを意味する。 このような気候に連動する変化は、既存の伝統的知識体系に試練を突きつけ、「陸と海の国」に広がるさまざまな種、生態系、気象パターンの間の結びつきを変化させる。 このプロセスの重要な部分は、伝統的な生態学的知識の持ち主と西洋科学の研究者との間に相互に有益なパートナーシップを築くことであった。それには、信頼と尊重に基づく関係を確立することが不可欠である。 まず彼らの国を歩くこと、すなわち川、マングローブ、浜辺、岬、森林、湿地を見て、「海の国」を眺め渡すことは、研究者らにとって、「伝統的所有者」たちの視点を理解する助けとなった。経験と知識(特に年配者や先住民レンジャーが持つもの)に敬意を払うることが重要であった。先住民の文化的・知的財産プロトコルが認識され、評価プロセスを通じて尊重された。 「伝統的所有者」を彼ら自身の知識体系における熟練の科学者として尊敬し、協力して働くことが、成功に不可欠であった。繊細な伝統的知識を守るために、伝統的な生態学的知識を気候変動評価に組み入れるあらゆる努力が必要である。 気候変動は今後も続き、加速すると思われることから、先住民族の人々の文化的遺産にもたらされる影響を最小限に抑えるため、私たちは力を合わせて取り組まなければならない。 カリン・ゲルハルトは現在、博士課程の一環としてYuku Baja Mulikuの伝統的所有者の人々との協働プロジェクトに携わっている。グレートバリアリーフ財団に勤めており、以前はグレートバリアリーフ海洋公園局で働いていた。 ジョン・デイは、1986年から2014年までグレートバリアリーフ海洋公園局に勤務し、1998年から2014年は同局のディレクターの1人であった。スコット・ヘロンとともに、世界遺産のための気候脆弱性指数(CVI)を開発した。CVIは、他の遺産地域における気候影響評価にも用いられている。 ラリッサ・ヘイルは、Yuku Baja...

宗教指導者が集い、傷ついた世界を癒す方法を探る

【ヌルスルタン(アスタナ)IDN=カリンガ・セネビラトネ】 9月13日に開催された第7回「世界伝統宗教指導者会議」の事務局会合において、マウレン・アシムバエフ事務局長は、「世界全体が、コロナ禍、紛争、制裁、気候変動などの世界的問題の影響を経験しており、私たちは、世界全体で地政学的対立と紛争の激化を目の当たりにしています。」と語った。 カザフスタンの首都を会場として2日間開催され、ローマ法王フランシスコが基調講演を予定している今回の会議を前に、アシムバエフ事務局長は、「国家間の不信、戦争、テロ、国際機関による効果的対応の欠如が世界全体の状況にマイナスに作用しています。この状況の下、私たちの会議は、対話、矛盾の克服、紛争の終結、平和の達成を求め、国際社会に対して重要なメッセージを送ることができます。」と語った。 調和の中で人々が生きる多宗教・多文化社会を実現してきたことを誇るカザフスタンは、9・11同時多発テロ後に世界全体で宗教的対立が起こる中、2003年にこの会議を開始した。第1回会議には23カ国から17人の代表団が集まった。 世界伝統宗教指導者会議は3年毎に開催されている。 9月14日に開幕した第7回会議には50カ国・100以上の代表、国際メディア約230社、国内メディア500社が集まった。 今回の会議のハイライトはローマ法王フランシスコの参加であった。法王はカザフスタンに3日間の滞在の予定で9月13日に到着した。この20年でローマ法王が中央アジアの同国訪問するのは初めてのことである。イスラム教徒が大半を占める(人口の7割)このカザフスタンにおいて、人口1900万人のうちカトリックは約12.5万人しかいない。 到着した日の夜、ローマ法王は、約1000人の参加者で埋まったカザフスタン中央コンサートホールにおいて市民社会や各国外交官の代表らとの公式会見に臨んだ。 カザフスタンのカシム=ジョマルト・トカエフ大統領は、ローマ法王を迎えるにあたり、ソ連からの独立後30年間、同国は「多様性における統一」の概念に基づき、民族・宗教間の調和のための独自のモデルを構築してきたことに触れ、このような経験があるからこそ、カザフスタンでは「世界伝統宗教指導者会議」を開催しているのだと指摘した。 トカエフ大統領は、ローマ法王のカザフスタン訪問に謝意を示しつつ、「2003年に始めたこの会議は、各々の信仰が異なっていても一堂に集い協力し合うことができることを示す好例と言えます。私は、対話と人間の博愛、尊重のみが共存と寛容を可能にすると強く信じています。法王の訪問はこの会議の価値を高め、そのメッセージを世界に広く伝えるのに役立つだろう。」と語った。 トカエフ大統領はまた、「世界のほとんどの発展途上地域で食糧不足に直面しています。同時に、世界の最も脆弱な国々で地政学的対立が激化し、世界各地で緊張が高まっています。」と指摘した。 カザフスタンは「健全で世俗的な」社会を形成してきたとして称賛したローマ法王は、「現在の地政学的な緊張関係の中では、対話を促進する外交的な取り組みを強化することが肝要です。」「敵意を悪化させず、集団間の対立激化を鎮静化させる術を学ぶべき時です。私たちには、人々の間の相互理解と対話を国際レベルで促進できる指導者が必要であり、それによって、新たな世代の声を考慮に入れつつ、より安定的で平和的な世界を構築することが必要です。」と語った。 「そのためには、誰が相手であっても、理解や忍耐、そして全ての人との対話が必要です。繰り返しますが、たとえ『誰が相手であっても』です。」とローマ法王は強調した。 車椅子乗って登壇したローマ法王フランシスコは「腐敗の害悪」を乗りこえる必要についても語った。そうすることで、人々のニーズに対して、言葉だけの注目を与えるのではなく、真に対処することが可能になるからだ。カザフスタンの豊富な天然資源について言及した法王は、そうした富は不平等を生じかねないと指摘した。「社会の繁栄は一部の者たちの手中にのみ納めてはならず、多くの人々が共有しなくてはならない。」と法王は指摘した。 カザフスタン外務省が9月13日に開いた記者ブリーフィングで、「ナザルバエフ宗教間・文明間対話発展センター」のブラート・サルセンバエフ・センター長は、今回のような会議が国家間紛争に対していかに建設的な解決策を与えうるかという記者からの質問に答えて、今回の会議を独自のものたらしめているものは、これまでの同種の集まりとは異なって、カザフスタンが、世界各地の宗教の単なる代表団ではなく、その指導者の参画を得ている点にある、と指摘した。 サルセンバエフ・センター長は同時に、この会議が、世界の紛争に関連した「全ての問題を解決できるわけではない」ことも認めており、「私たちは、(問題解決に向けた)適切な雰囲気を作り、イニシアチブを提案し、いくつかのステップを提供しようとしていますが、これは長い道のりです。」と語った。 記者ブリーフィングの司会を務めたカザフスタンのローマン・バシレンコ外務副大臣は、会議の最終文書は「きわめて影響力の強い精神的な指導者の声として」、世界の多くの国際機関や各国政府に送られ、メディア、特にSNS上を通じて拡散される予定だと語った。 会議の議長を務めたアシムバエフ事務局長は、精神的な指導者や宗教者らは、「もしこの会議が共通の建設的なアジェンダの下に国際社会を連帯させることができるならば、イデオロギー的、精神的な空白を新たな意味合いで満たすことができるだろう。」と語った。(原文へ) INPS Japan https://www.youtube.com/watch?v=Ve5zfjKYEV4 関連記事: 世界伝統宗教指導者会議は希望の光 |第7回世界伝統宗教指導者会議|ローマ法王、多民族・多宗教が調和するカザフスタンのイニシアチブを祝福 教皇フランシスコ、カザフスタンを中央アジアの「信頼できるパートナー」と称える

国連機関、ナイジェリアで最も汚染された地域の浄化計画を酷評

【ニューヨークIDN=リサ・ヴィヴェス】 2019年に軌道に乗っていれば、世界で3番目に大きなマングローブの生態系を持つナイジェリアのニジェール・デルタ地域のオゴニランドという、同国で最も汚染された地域の10億ドル規模の浄化に大きな期待が寄せられていた。386マイルに及ぶ湿地帯を覆う虹色の油膜、休止中の坑口や稼働中のパイプラインからの絶え間ない流出、かつて青々としていたマングローブが原油で覆われ、農地が焼け焦げて不毛になる一方でベンゼンの臭いが充満する、そんな状況に対処することが期待されていた。 国連環境計画(UNEP)の支援と、石油会社シェル社の資金提供の約束により、この最も野心的なプロジェクトから何らかの成功が得られると期待されていた。 しかし、ブルームバーグ・ニュースの暴露記事は、このプロジェクトを「模範的なものとは程遠い」と評している。それどころか、「地球上で最も汚染された地域の一つをさらに汚している」と言うのだ。 「オゴニランドの浄化が、ニジェール・デルタ全体の浄化の標準となることを期待していました。しかし、何の影響も見られません。本来なら、(プロジェクトの実施により)土地や川が原油の影響を受けた人々の生活や人生に何らかの影響を与えるはずです。」と、Friends of the Earthグループのオゴニ族の弁護士、マイク・カリクポ氏は語った。 国連機関は、オゴニランドの浄化作業について厳しい評価を行い、管理不行き届き、無能、無駄、透明性の欠如が横行していること、具体的には、油にまみれた土の無計画な保管が、汚染されていない土地や小川に化学物質を浸透させていること、環境浄化の経験がほとんどない企業に契約が結ばれていること、何百万ドルもの不要な作業の提案があることなどが指摘された。 「石油会社は環境浄化に責任を持つべきです。石油会社は本来、環境浄化に責任を持つべきなのです。」と、シェル社に対する現在進行中の訴訟でオゴニ族のコミュニティを代表する英国の法律事務所リー・デイのパートナー、ダニエル・リーダー氏は語った。 2015年にはボド族のコミュニティに6646万ドル、昨年はエジャマ・エブブ族のコミュニティに1億900万ドルを支払い、ニジェール・デルタにおけるシェルの債務は膨らんでいる。同社は、ナイジェリアの裁判所が2020年に88人の原告に対して支払うよう命じた19億ドルの賠償金に関する決定を待つ間、同国の陸上資産を売却する取り組みを停止している。 シェルは、アフリカ最大の産油地域における最大の石油事業者であり、住民は高い貧困率と、毎年数百件の流出事故による環境の悪化に直面している。 ニジェール・デルタにおける活動家サータ・ヌバリ氏はCNNに、「地下水は世界保健機関(WHO)の基準値の900倍のベンゼンで汚染され、収穫量の少ない農地、ほとんど釣りができない川、毎年数千人にのぼる新生児の死亡に苛まれています。」と語った。 一方、少なくともあるナイジェリア人は、当局からの支援がほとんどないにもかかわらず、マングローブの育成と再植林の計画を進めている。 自宅の庭でマングローブを育てていたマーサ・アグバニ氏は、苗床を植える好機を考え行動を開始、2019年の終わり頃には、100人の女性マングローブの植林者が活動を展開している。 ニジェール・デルタにおける世界最大級のマングローブの生態系は、何世紀にもわたって人類と調和して存続してきた。汽水域をろ過し、海岸の浸食を防ぎ、水生生物の避難場所となり、それが人間が暮らす環境を支えてきたのである。 アグバニ氏は母親と同様、多国籍石油企業による生態学的に繊細な地域の環境破壊に対抗して1990年に設立された「オゴニ民族存続運動」に参加してきた。 また、母親と同様、1995年に軍事独裁者サニ・アバチャ政権下のナイジェリア政府によって処刑されたオゴニランド最大の英雄、環境活動家ケン・サロ=ウィワ氏の活動に影響を受けている。 マングローブは、海草やサンゴ礁、漁業に害を及ぼす有害な栄養分や流出水から海洋の生息地を守っている。また、マングローブの根は、汚染物質、重金属、農薬、農業排水など、土地から流れ出る水のろ過を助けることが、アメリカ海洋大気庁(NOAA)の別の報告書で明らかにされている。そのため、マングローブは水質と透明度を維持することができる。また、海草藻場とサンゴ礁への栄養分の分配もコントロールしている。マングローブのような自然のフィルターがなければ、赤潮やサルガッスム藻類の繁殖など、危険な状況が発生する可能性がある。(原文へ) INPS Japan 関連記事: |国連|「プラスチック汚染は世界で最も深刻な人災の一つ」根絶に向けた国際条約策定に合意 プラスチックを舗装材に変えるタンザニアの環境活動家 世界で最も体に悪い場所