spot_img
MultimediaINPS Japanが国際プレスチームと共に旧セミパラチンスク核実験場とセメイを取材

INPS Japanが国際プレスチームと共に旧セミパラチンスク核実験場とセメイを取材

Filmed by Katsuhiro Asagiri, Multimedia Director, President of INPS Japan

国連が「核実験に反対する国際デー(8/29)」公式に記念して10年目となる今年、この国際デーの由来となった旧セミパラチンスク核実験場閉鎖を記念する行事がカザフスタンの首都で開催された。

それに先立つ8月27日ー28日、INPS Japanの浅霧勝浩理事長・マルチメディアディレクターは、国連、ラトビア、イタリア、ポルトガル、イスラエル、メキシコ、米国のジャーナリストと共に、かつてソ連時代に核実験の中心的な地であった東部のクルチャトフ(ソ連時代は秘密都市)、旧セミパラチンスク核実験場と、セメイを取材訪問し、取材団を対象としたドキュメンタリーを作成した。

Katsuhiro Asagiri at Ground Zero of former Semipalatinsk Nuclear Test Site (Polygon)
Katsuhiro Asagiri at Ground Zero of former Semipalatinsk Nuclear Test Site (Polygon)

This year when the UN officially commemorates the Tenth Anniversary of the Day, August 29, Kazakhstan’s First President Nursultan Nazarbayev presented to the Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty Organization (CTBTO) Executive Secretary Lassina Zerbo and the relatives of late International Atomic Energy Agency (IAEA) Director General Yukiya Amano, who passed away on July 18, 2019, the Nazarbayev Prize for a Nuclear-Free-World and Global Security in Nur-Sultan. Prior to the award ceremony, IDN-INPS Multimedia Director Katsuhiro Asagiri joined journalists from UN, Japan, Latvia, Italy, Portugal, Israel, Mexico, and U.S.A. a two-day press trip to Semey city and Kurchatova town in East Kazakhstan Region, once the center of operations for the adjoining Semipalatinsk Nuclear Test Site.

関連記事:

カザフスタン、核不拡散に向けた重要な一歩でIAEAに加わる

|視点|人生ががらりと変わる経験だった(イリヤ・クルシェンコCTBTO青年グループメンバー)

|日本|核兵器禁止条約加盟を求める圧力が高まる

最新情報

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken