spot_img
Multimediaイェルラン・アシクバエフカザフスタン外務副大臣インタビュー(国連軍縮会議 in Hiroshima)

イェルラン・アシクバエフカザフスタン外務副大臣インタビュー(国連軍縮会議 in Hiroshima)

Filmed by Katsuhiro Asagiri, President of INPS Japan

IPSは、国連アジア太平洋平和軍縮センター(UNRCPD、バンコク)が日本の外務省、広島市、広島県との協力の下で8月26日から28日に開催した「第25回国連軍縮会議 in Hiroshima」を取材した。IPS Japanの浅霧勝浩マルチメディアディレクターは、来日中のラメシュ・ジャウラ編集長と共に、イェルラン・アシクバエフカザフスタン外務副大臣(映像)をはじめ、国連軍縮会議に出席中の主なパネリストにインタビュー取材した。

冷戦期にソ連による核実験で100万人以上が被爆した経験を持つカザフスタンは、独立と同時に核実験場の閉鎖と当時世界第4位の核兵器を全廃した経験を持つ。国連などを舞台に、広島、長崎への原爆投下という核兵器による被ばく経験がある日本と連携して、核実験の全面禁止と核廃絶を国際社会に訴えている。

At the 25th UN Conference on Disarmament Issues in Hiroshima 26-28 August 2015, International Press Syndicate interviewed the Kazakh Deputy Foreign Minister Yerzhan Ashikbayev on Japan-Kazakh move to facilitate the entry into force of the Comprehensive Test Ban Treaty (CTBT) as soon as possible.

INPS Japan

関連記事:

国連軍縮会議が野心的な目標を設定―しかし、それをどう達成するか?

アフマド・アルヘンダウィ国連事務総長青少年問題特使インタビュー

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken