spot_img
SDGsGoal10(人や国の不平等をなくそう)|米国|国内で使用される言語トップ10にアフリカの諸言語が占める

|米国|国内で使用される言語トップ10にアフリカの諸言語が占める

【ニューヨークIDN=リサ・ヴィヴェス】

米国国勢調査局の最新統計によると、アフリカの諸言語( スワヒリ語、ヨルバ語、アムハラ語、トウィ語)が米国で最も話されている上位10言語内に入っている。米国に暮らす黒人人口のうち、外国生まれの黒人が占める割合は39%(2000年時の24%から大幅増加)、米国に難民として入国してくる人々の主な出身国はコンゴ民主共和国とアンゴラ。米国に移民として入国してくる人々の主な出身国は、ナイジェリア、ガーナ、南アフリカ、タンザニアである。(原文へ) FBポスト

INPS Japan

関連記事:

言語の自由を見出したシリアのクルド人

|オーストラリア|危機にひんする先住民族の言語

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken