spot_img
SDGsGoal10(人や国の不平等をなくそう)植民地時代の反同性愛法が廃止される

植民地時代の反同性愛法が廃止される

【ニューヨークIDN=リサ・ヴィヴェス】

同性愛を違法(最高で禁錮7年)とする刑法の廃止を支持する判断を下したボツワナ最高裁判所の判決と英国植民地時代に制定された反同性愛法を巡るアフリカの国々の状況に焦点を当てた記事。アフリカで反同性愛法が廃止されたのは今回のボツワナで3例目(アンゴラ、モザンビーク)。同法律を制定した英国では既に廃止されているにもかかわらず、5月にはケニアで従来の反同性愛法を支持する判決が下されるなど、アフリカでは54カ国のうち依然として30カ国以上で同性愛は禁止されており、LGBTIを狙った政府による弾圧や襲撃が頻発している。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

|ガーナ|カンタベリー大主教、反LGBTQ法案に懸念を表明

最新情報

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken