spot_img
ニュース未だに苦しんでいる元セルビア兵士たち

未だに苦しんでいる元セルビア兵士たち

【ベオグラードIPS=ヴェスナ・ペリッチ・ジモニッチ】

セルビアの軍事医療アカデミーが『セルビア退役軍人の健康状態と保健ニーズ』と題する報告書を発表した。セルビアの元兵士たちが、バルカン半島での軍事紛争終結から10年近くたった今もなお、苦しみ続けていることが明らかにされている。 

1991年から95年にかけてのクロアチア、ボスニアでの戦争、1998年から99年にかけてのコソボでの戦争に参加したセルビア人は約40万人と推計されている。セルビアの人口は750万人。 

調査対象は2399人の元兵士で、平均年齢は45.7才。そのうち、実に84%の元兵士が、主に心臓や血管などの慢性的な健康問題に悩まされている。また、54.1%が精神上の健康問題を抱え、3分の1が鬱やアルコール中毒を患っている。

 8.8%の元兵士は、いまだに心的外傷後ストレス障害(PTSD)にかかっている。過去にPTSDにかかっていた者も20%近くに上る。 

調査チームのひとりであるスピリッチ博士は「国際的な調査では、PTSD患者の3分の1が自力で回復し、3分の1が治療を受け、残り3分の1が永久にPTSDから抜け出すことができない」と話す。 

しかし、苦しんでいるのは元兵士だけではない。民間人もまたそうなのだ。非暴力行動センターのネナド・ブコサブイェビッチ氏によると、バルカン半島での武力紛争によって300万人が家を追われ、20万人が何らかの形で収容所に入ったことがあるという。 

人びとに心の平穏が訪れるには、まだまだ時間がかかりそうだ。 

元セルビア兵士の健康状態に関する調査について報告する。(原文へ) 

翻訳/サマリー=IPS Japan 

最新情報

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken