spot_img
SDGsGoal10(人や国の不平等をなくそう)ロヒンギャに対する恐怖の陰で暮らす仏教徒たち

ロヒンギャに対する恐怖の陰で暮らす仏教徒たち

【コックスバザールIDN=カリンガ・セレヴィラトネ】

ロヒンギャ難民キャンプの長期化が予測されるバングラデシュの地元コミュニティーは、イスラム教徒が大半を占める同国にあって歴史的に仏教徒が多い(全国の半数近くがこの地域に暮らしている)地域でもある。ロヒンギャ問題を宗教間対立構図に単純化して報道してきた海外大手メディアの弊害をはじめ、かつてはイスラム教徒と仏教徒コミュニティーが互いに尊重して共存してきた関係がいかに変質してきたかを分析した記事。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

ロヒンギャ難民の子供たちは学びたい、とUNICEF

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken