spot_img
地域アフリカ|ボツワナ|世界的景気低迷で失業する鉱山労働者

|ボツワナ|世界的景気低迷で失業する鉱山労働者

【ガボロネIPS=エフライム・ヌシンゴ】

「景気悪化で採掘労働者だけでなく全ての従業員が困窮している」。Christian Motsamai(仮名)はかつてダイヤモンド鉱山で働いていたが、鉱山の操業停止により職を失った。 

世界的な不況のあおりを受け、ボツワナではダイヤモンド採掘企業最大手デブズワナ(Debswana)が2か所の鉱山(オラパ鉱山第2プラント、およびDamtshaa鉱山)を年内に操業停止すると発表。これに伴い多くの鉱山労働者が苦境に陥っている。

 Motsamaiは「歴史的に見てもこの業界でこれほど需要が激減したことはない。雇用状況は益々悪化するだろう。我々はこの先どうなるか予測すらできない」と、不安を隠しきれない様子で語った。 

フランシスタウンの西190kmにあるLetlhakane鉱山近くの村に暮らすKaone NaremoもIPSの取材に応じ、村の現状を説明した。「失業者の急増は小規模事業者にも打撃を与えている。この小さな村は徐々に『地獄』へと変化しつつある」 

「我々はすでに退職金についてデブズワナ社と契約を交わしている。従って、従業員には残るよう説得しているところだ」と、労働者支援に取り組む『ボツワナ鉱山労働組合(BMWU)』のJack Tlhagale氏は話した。 

不況による鉱山閉鎖に揺れるボツワナについて報告する。 (原文へ

INPS Japan 



最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken