spot_img
地域アフリカ財政危機に直面したスーダン、経済制裁解除前に新たな要求が突きつけられる

財政危機に直面したスーダン、経済制裁解除前に新たな要求が突きつけられる

【ニューヨークIDN=リサ・ヴィヴェス】

トランプ政権から、テロ支援国家解除の条件として、米国の中東政策への支持とイスラエルとの国交正常化を要求されているスーダンの民主派主導の暫定政権(昨年4月に30年に及んだバシール独裁政権を崩壊させた)が直面しているジレンマに焦点を当てた記事。暫定政権は、米国が前政権に課した制裁により経済が極度に疲弊しており、国際的な金融機関からの資金調達を可能にする制裁解除を1年半にわたって米国に訴えてきた。しかし、イスラム教徒が国民の7割を占め長年に亘ってイスラエルの強硬な敵国だったスーダンにとって、米国による(イスラエルとの)国交正常化要求は高いハードルとなっている。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

アラブの権力闘争:「王は死んだ。しかし王政はこれからも続く」

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken