spot_img
SDGsGoal10(人や国の不平等をなくそう)|中国|少数民族の諸権利を侵害して同化政策を推進

|中国|少数民族の諸権利を侵害して同化政策を推進

【ナディール・アリ・ワニ】

中国の国内少数民族に対する教育政策(固有言語に代わって公用語である北京語の使用を強化している)を巡る諸議論に焦点をあてたナディール・アリ・ワニ氏による視点。中国は、昨年発表した白書「Seeking Happiness for People: 70 Years of Progress on Human Rights in China」で、国内の少数民族の言葉の使用と発展の自由を保障しているとしているが、人権擁護団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は、少数民族のアイデンティティーを消し去り漢民族への同化(Hanization)政策を推し進めているとして批判を強めている。(原文へFBポスト

INPS Japan

関連記事:

|視点|「国際民族紛争裁判所」の設立を求めて(ジョナサン・パワー コラムニスト)

最新情報

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken