spot_img
ニュース|ペルー|政治的暴力の犠牲者に対する補償が一歩実現に近づく

|ペルー|政治的暴力の犠牲者に対する補償が一歩実現に近づく

【リマIPS=ラミロ・エスコバール】

CMAN(平和政策、集団補償、国家的和解に関する政策立案・モニタリングのためのマルチセクター委員会)は金曜日(4月29日)、ペルー政府に対して内戦で被害を蒙ったコミュニティーに対して補償するためとして4800万ソル(約1500万ドル)の予算増加を要求した。

この要求は閣僚評議会の認可を経て、国会で了承される見通しである。ペルーでは、約20年(1980年~2000年)の長期に亘った、毛沢東派ゲリラセンデル・ルミノソ (輝く道)と政府軍の内戦の結果、7万人近い犠牲者を出している。

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken