spot_img
地域アジア・太平洋アフガン政府軍があっけなく崩壊した真相を探る

アフガン政府軍があっけなく崩壊した真相を探る

【アブールIDN=マニッシュ・ラジ】

人員・装備の面で遥かに劣るタリバン(75,000人)による攻勢の前に、30万規模のアフガン政府軍は一部のエリート特殊部隊を除いて、あっというまに瓦解した。最大の外部要因は米軍の撤退にあるが、あまりにも早い崩壊を引き起こした内部要因(低い士気、腐敗、バランスを欠いた民族構成、明確な軍事戦略の欠如、諜報能力の低さ)を分析したマニッシュ・ライ政治アナリスト(中東・アフガン・パキスタン専門)による視点。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

|国連|混乱が深まる中、カブールに取り残されたスタッフの国外退避を図る

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken