spot_img
SDGsGoal2(飢餓をゼロに)世界の食料システムは民衆のサミットを通じてのみ真に変革ができる

世界の食料システムは民衆のサミットを通じてのみ真に変革ができる

Dr. Agnes Kalibata, President, AGRA/ Wikimedia Commons
Dr. Agnes Kalibata, President, AGRA/ Wikimedia Commons

【ニューヨークIDN=アグネス・カリバタ】

SDGsを達成するための「行動の10年」の一環として9月にNYで開催予定の「国連食料システムサミット」の意義と開催に向けた取り組みを解説したアグネス・カリバタ国連事務総長特使によるコラム。新型コロナウィルス感染症のパンデミック(世界的な流行)により大きく後退を強いられたSDGs17目標を軌道に戻すうえで、まずは全ての人々に食料を行き渡らせるための「食料システム(=食料の生産、加工、輸送及び消費に関わる一連の活動)」の再構築を実現することが緊急の課題となっている。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

|ポルトガル|EU議長国として食料システムを主流化する議論をリード

最新情報

米国桜寄贈110周年記念集会

「共和国の日」レセプション

「核兵器なき世界への連帯―勇気と希望の選択」展

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken