spot_img
SDGsGoal16(平和と公正を全ての人に)戦時下に生まれた子供たちは今も性暴力も見えない犠牲者であり続けている

戦時下に生まれた子供たちは今も性暴力も見えない犠牲者であり続けている

ウガンダ北部から、20年以上にわたった政府軍と反乱武装組織「神の抵抗軍(LRA)」との内戦下に生まれた子供たちを救済する動きを報じた記事。LRAは襲撃した村々で子供たちを拉致し、少年(少女)兵や性奴隷として使役した。LRAから脱走・救出された少女たちが生んだ子供たちは、多くが無国籍状態のまま偏見に晒されて育ち、児童労働や性的搾取等様々な人権被害に遭遇している。現在ウガンダでは、こうした紛争下に生まれた子供たちの特殊事情を踏まえた救済策が検討されている。(原文へFBポスト

INPS Japan

関連記事:

|米国メディア|選挙、暴力、天災が2012年報道の首位を占める

最新情報

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken