spot_img
SDGsGoal16(平和と公正を全ての人に)|ドイツ|シリア人被告に人道に対する罪で歴史的裁定が下される

|ドイツ|シリア人被告に人道に対する罪で歴史的裁定が下される

【ジュネーブIDN=ジャムシェド・バルーア】

ドイツが普遍的管理権を行使して、シリアでの国家主導の拷問を審理してきた世界初の裁判で、被告の元シリア諜報機関の軍人が人道に対する罪(市民約4千人の拷問と数十人の拷問死に積極関与)で終身刑の判決を言い渡された。普遍的管轄権はジェノサイド、戦争犯罪、人道に対する罪など、深刻な国際犯罪の容疑者を逮捕した国が、発生場所や容疑者の国籍にかかわらず訴追できる権利で、ドイツは、2002年から国内法に適用している。(原文へFBポスト

INPS Japan

関連記事:

シリアを巡るバイデン大統領のジレンマ

|児童労働|シリア危機の隠された悲劇

武力紛争時における国際人道法の擁護(ルネ・ワドロー世界市民協会会長)

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken