spot_img
SDGsGoal2(飢餓をゼロに)アグリビジネス産業がいかに国連に影響力を及ぼしているか

アグリビジネス産業がいかに国連に影響力を及ぼしているか

【サンフランシスコIDN=アヌラダ・ミッタル】

合成肥料や遺伝子組み換え作物など企業主導の農業開発のあり方に警鐘を鳴らしてきた、オークランド研究所のアヌラダ・ミッタル事務局長による視点。グテーレス国連事務総長はSDGs「行動の10年」の一環として、2021年に「食料システム・サミット」を招集予定だが、そのための特使としてアグネス・カリバタAGRA(アフリカ緑の革命のための同盟)総裁が任命されたことに大きな反発(85カ国175の市民社会が反対を表明)が起きている。FAO等が持続可能な農業と環境保護の観点から「家族経営の農家」の役割をますます重視するなかでの人選であるだけに、今後、アフリカの農業開発の行方を巡る議論が高まるものと思われる。(原文へFBポスト

INPS Japan

関連記事:

|国連|飢餓で爆発寸前の地域

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken