spot_img
SDGsGoal10(人や国の不平等をなくそう)国連で、国際先住民族言語年(2019)が始動

国連で、国際先住民族言語年(2019)が始動

【ニューヨークIDN=UN DESA VOICE】

世界で話されている約6700の言語の内、4割(その大半が先住民の言語)が消滅の危機に直面している。言語の消滅は、そのコミュニティーの価値観や伝統といった独自の文化アイデンティティーの消滅につながる。国際先住民族言語年に指定された今年は、年間を通じて、こうした言語を記録、継承、保護する様々な取り組みが行われていくだろう。(原文へFBポスト

INPS Japan

関連記事:

|タンザニア|土地収奪を狙う投資家と闘う先住民族社会

オーストラリアの先住民、憲法上の承認を求める

先住民族が全ての権利の平等を主張

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken