spot_img
地域アフリカ火災に見舞われるキリマンジャロ山

火災に見舞われるキリマンジャロ山

【バイロイトIDN=アンドレアス・ヘンプ】

先月中旬にも中腹で大規模な火災に見舞われたアフリカ最高峰キリマンジャロ山(標高5895m)が直面している環境危機について解説した記事。この地域では過去150年に亘って大気の乾燥(山頂の氷河は既に90%が喪失)が進行していることに加えて、特に1996、97年に発生した大規模な火災により、かつて森林が保っていた保湿力(霧や土壌に蓄えられた水分)が失われ火事の原因となる大気の乾燥を一層悪化させている。さらにキリマンジャロで暮らす人口は1911年の約10万人から現在は120万人に増加し、この間森林の50%が伐採や開拓により失われた。タンザニア政府はこれ以上の森林破壊を防ぐために、森林地帯を国立公園に編入して規制・管理の強化に乗り出している。(原文へ)FBポスト

INPS Japan

関連記事:

|UAE|15歳のUAE国籍の少年がキリマンジャロ山登頂に成功

最新情報

米国桜寄贈110周年記念集会

「共和国の日」レセプション

「核兵器なき世界への連帯―勇気と希望の選択」展

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken