spot_img
SDGsGoal10(人や国の不平等をなくそう)仏教生誕地における大型開発プロジェクト

仏教生誕地における大型開発プロジェクト

【ルンビニIDN=カリンガ・セレヴィラトネ】

仏教の開祖・釈迦(本名・サンスクリット語:ガウタマ・シッダールタ)の誕生地とされるルンビニ(ネパール)をとりまく開発ラッシュの推移と、巨額の開発・投資を巡る各国(とりわけ中国、インド、ネパール、米国)の思惑を分析したカリンガ・セネヴィラトネIDN記者の記事。地元住民がイスラム教徒とヒンズー教徒が大半を占めるルンビニ開発の方向性や、ダライ・ラマ14世後の輪廻転生地を巡る諸議論が紹介されている。(原文へFBポスト

INPS Japan

関連記事:

HIV/AIDS蔓延防止に向けたカンボジア仏教界の試み

|バングラデシュ|社会の調和を訴える仏教徒たち

最新情報

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken