spot_img
地域アジア・太平洋異なる解釈で外交攻勢を強める北朝鮮

異なる解釈で外交攻勢を強める北朝鮮

【ワシントンIDN=ケスリー・ダベンポート】

独立系シンクタンク軍備管理協会(ACA)で、イラン・北朝鮮・インド・パキスタンの核・ミサイル計画の分析・研究を担当しているケルシー・ダヴェンポート氏による視点。米韓同盟がぎくしゃくする一方(米韓同盟重視だったマチス国防長官の抗議辞任、トランプ政権の韓国に対する米軍駐留費負担増要求等)、北朝鮮は米国とは異なる「朝鮮半島の非核化解釈」に基づく外交攻勢を強めている。(原文へ)

INPS Japan

関連記事:

朝鮮半島の危機を北東アジアの安定的平和へ

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken