spot_img
地域アフリカ|リビア|「カダフィ政権による虐殺行為は深刻な人権侵害である」とGCC事務局長

|リビア|「カダフィ政権による虐殺行為は深刻な人権侵害である」とGCC事務局長

【アブダビWAM】

湾岸協力会議(GCC)のアブドゥル・ラフマン・ビン・ハマド・アル・アッティヤ事務局長はリビアで進行している市民の殺害について、「人道に対する犯罪であり、深刻な人権及び国際法違反である」と激しく非難した。

アッティヤ事務局長は、3月7日にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開会した118回GCC閣僚評議会における演説の中で、「カダフィ政権が自国民に対して行っている虐殺行為、とりわけ傭兵と重火器を使って殺戮を繰り返しているありさまは人道に対する犯罪であり強く糾弾されてしかるべきだ。」と語った。

 またアッティヤ事務局長は、「この極めて重要な局面において、リビア市民の安全確保が最優先されるべき」との見解を示す一方、「リビアの主権、領土、国民の統合は断じて守られるべきであり、GCCは、諸外国によるリビアへのいかなる干渉も拒否する」と語った。

またアッティヤ事務局長は、GCC地域が直面している最大の問題は依然として安全保障の問題であると指摘した上で、「様々な分野において、加盟国間で相互協力の絆を深めていくことがGCCの目指す重要な目標です。GCC加盟国は、域内の関係強化と共通の利益を促進するために、今こそ団結して協力関係を深めていくべきです。」と語った。

アッティヤ事務局長は、「最近のエジプト、チュニジア、リビア情勢は、アラブ政界を大きく転換させる出来事であった。」と指摘した上で、「アラブ諸国に再び安定と静寂を取り戻すには、(各国政府が)国民に開かれた真剣な対話を実践し、若者の懸念と要望を認め、それらに対する効率的な解決策を見出していかなければならない。」と語った。(原文へ

翻訳=IPS Japan戸田千鶴

最新情報

米国桜寄贈110周年記念集会

「共和国の日」レセプション

「核兵器なき世界への連帯―勇気と希望の選択」展

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken