spot_img
SDGsGoal10(人や国の不平等をなくそう)難民の再定住キャンパスこそが、未来の高等教育機関

難民の再定住キャンパスこそが、未来の高等教育機関

【グリーンズボロIDN=ディア・アブド】

欧州ではフランシス法王が、全ての教区に対してそれぞれ1世帯の難民家族を受入れるよう訴えているが、この呼びかけに米国の高等教育機関が、学内の施設と資源を活用して難民家族の受入れと新生活支援に乗り出している(「全てのキャンパスに難民家族を(ECAR)」運動)。ECARでは参加校を現在の10校から今後3年間で全米の大学の10%にまで拡大したいと考えている。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

|バチカン会議|世界の諸宗教にSDGsへの協力求める

|米国|新天地で新たな人生を踏み出すソマリア難民

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken