spot_img
ニュース|国際報道の自由デー|秘密主義、プロパンガンダが米国メディアを席捲

|国際報道の自由デー|秘密主義、プロパンガンダが米国メディアを席捲

【ニューヨークIPS=ウィリアム・フィッシャー】

メディア専門家達によると、「米国メディアは世界で最も自由」という(米国における)世間一般の通年に反して、政府の秘密主義的政策やプロパガンダの傾向が強まる中、同国の報道の自由度は著しく後退しているとしている。

5月3日の「国際報道の自由デー」に先立ってニューヨークを拠点とする人権擁護団体Freedom Houseが発表した最新のランキング(1.メディアが活動する法環境 2.報道への政治的影響と情報へのアクセス 3.報道内容への経済的圧力と報道の普及度の3点から測定)によると、米国は194ヶ国中24位でバルバドス、カナダ、ドミニカ、エストニア、ラトビアと肩を並べている。(原文へ

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩

関連記事:
|国際報道の自由デー|ジャーナリスト被害の多発国発表される

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken