spot_img
地域アフリカ|国際報道の自由デー|シエラレオーネ|名誉毀損法、批判にさらされる

|国際報道の自由デー|シエラレオーネ|名誉毀損法、批判にさらされる

【フリータウンIPS=ランサナ・フォファナ】

シエラレオーネのジャーナリスト達は、今年の「国際報道の自由デー」を祝賀するというよりも、自国内における報道の自由を巡って法的闘争を繰り広げている。

シエラレオーネには1965年成立の公共秩序法(Public Order Act)の中に、大統領或はその他の役人に対する一般民衆の不満を扇動するような出版物を出版、配布、所有したものは最高7年の禁固刑(出版社の場合は発禁処分)が適用されるとする「名誉毀損条項」があり、歴代政権により、国内反対勢力の声を封じるために活用されてきた。2007年に次期大統領選挙を控えて言論の自由を求めるプレスと政府両者間の緊張関係は高まっていくと見られている。(原文へ

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩

関連記事
国際連合、世界の報道されないニュースに光をあてる

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken