spot_img
SDGsGoal11(住み続けられる街づくりを)小国が大きな影響力を持ち、大都市が国を上回る

小国が大きな影響力を持ち、大都市が国を上回る

ナシーム・ニコラス・タレブ氏が定義した「Antifragile」(=大きな衝撃や変化、混乱が起こった時に多大なる利益を上げられる)の概念を使って、グローバリゼーションが進展する今日の国際社会において、「Antifragile」な小さな国や都市が、いかにしてより大きな国々よりも大きな影響力を行使するようになったかを分かりやすく解説した記事。具体的な例として、スイス、ルクセンブルク、ケイマン諸島、或いは大国の中で独自の意思と影響力を持つニューヨークやモスクワ等の事例を挙げている。(原文へ)

INPS Japan

関連記事:

南部アフリカの都市住民を襲う貧困

70億人が都市を埋め尽くす前に行動を

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken