spot_img
地域アジア・太平洋|タイ|オンラインジャーナリストの静かなる戦い

|タイ|オンラインジャーナリストの静かなる戦い

【バンコクIPS=マルワーン・マカン・マルカール】

毎年5月3日は「世界報道の自由デー:自由社会における報道の自由の大切さを思い起こしアピールす

る日」。

Somkiat Juntursimaと彼が編集するオンラインメディア「Prachatai」(昨年6月に配信開始)はタイメディア業界ではまだ無名だが、昨年1月以来700人以上の死者を出しているタイ南部の少数住民(マレー系イスラム教徒)を巡るタイ国軍の虐待疑惑に関して、他の主要メディアが必ずしも取組もうとしない(概ね報道は正確だが、政治的にセンシティブな住民の死因などに関しては十分な取材がされていない)住民や政府の犠牲者の視点に立った報道を展開しており、今後注目を集めていくだろう。

人権擁護団体ヒューマンライツ・ワォッチのスナイ・パスクは言う、「タイメディアは、90年代までは、もっと攻撃的かつ大胆で、強大な政府に対しても思い切った言論を展開したものであった。しかし今のメディアにその痕跡は殆ど見当たらない。」「『Prachatai』はかつてのタイメディアのファイティングスピリットを受継いでいるのです。」(原文へ

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩

関連記事:
国連がインターネットに望むもの(シャシ・タルール)

最新情報

2022NPT再検討会議:サイドイベント

2022NPT再検討会議:被爆者証言

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken