spot_img
地域アフリカ|イスラエル|二国間関係が復活すればスーダン人難民は不透明な未来に直面する

|イスラエル|二国間関係が復活すればスーダン人難民は不透明な未来に直面する

【ニューヨークIDN=リサ・ヴィヴェス】

国交正常化により故郷への強制送還を恐れるイスラエルのスーダン難民に焦点を当てた記事。イスラエルにはバシール前政権下のスーダンから逃れてきた約6500人の難民(同国の亡命希望者全体の20%を占めている)がいる。トランプ大統領は10月23日、米国の仲介によりイスラエルとスーダンが国交正常化に合意したことを公表した。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

アラブの権力闘争:「王は死んだ。しかし王政はこれからも続く」

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken