spot_img
SDGsGoal5(ジェンダー平等を実現しよう)|パキスタン|あまりにも多くのタブーが若い女性の進歩を阻む

|パキスタン|あまりにも多くのタブーが若い女性の進歩を阻む

【カラチIDN=セハール・ナズ・ジャナニ】

INPSが中央アジア大学と共同で、アジア各地のコミュニケーション・メディア専攻の学生を支援しているメディアプロジェクト。この記事は、パキスタンの学生記者が、同国の女性達に匿名取材し、彼女たちが公には言えない社会的な偏見・差別・虐待の実態を克明にレポートしている。ヒューマンライツ・ウォッチの2017年報告書によると、同国では1000人近い女性が「名誉殺人」で殺害されており、女性の21%が幼児期に結婚を強要されている。イムラン・カーン首相は女性のエンパワーメントを標榜しているが家庭内の慣習という分厚い壁に直面している。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

キルギスで勉強に没頭するアフガン出身の学生

|パキスタン|強制的に改宗させられるヒンドゥー女性

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken