spot_img
ニュース公民権弁護士が米国政府がトランプと共和党による権力収奪を阻止できるか疑問を呈している

公民権弁護士が米国政府がトランプと共和党による権力収奪を阻止できるか疑問を呈している

【サンフランシスコIDN=スティーヴン・ローゼンフェルト】

綿密な調査に基づいて、米国の民主主義制度が現職大統領によりいかに合法的に乗っ取られようとしているかを1930年代のドイツの経験と比較(20の類似点を指摘)して分析したNY大学ロースクールのニューボーン教授の近著「 When at Times the Mob Is Swayed: A Citizen’s Guide to Defending Our Republic」を解説した記事。バート・ニューボーン氏は、アメリカ自由人権協会(ACLU)を経てNY大学ロースクールブレナン・センターを創設、200以上の最高裁訴訟、ホロコースト訴訟に関わってきた法学者。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

|視点|トランプ・ドクトリンの背景にある人種差別主義と例外主義(ジョン・スケールズ・アベリー理論物理学者・平和活動家)

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken