spot_img
SDGsGoal7(エネルギーを皆にそしてクリーンに)|環境|UAE政府、中東最大の太陽エネルギー施設の建設を計画中

|環境|UAE政府、中東最大の太陽エネルギー施設の建設を計画中

【ドバイWAM】

アリ・ビン・アル・オウェイスUAEエネルギー省電力局長は、「政府は地域最大の太陽エネルギー製造施設の建設を計画している」と語った。 

アル・オウェイス局長は、昨日シティセンターホテルで開催された「再生可能エネルギーの見通し」に関するエネルギー省主催のワークショップで発言し、アブダビに建設中のマスダールシティ(二酸化炭素排出ゼロをめざす2015年完成予定の環境都)を例に挙げながら「政府は将来のエネルギー需要を満たすため、エネルギー源の多様化に取り組んでいる。」と語った。 

アル・オウェイス局長はまた、フジャイラ首長国における66メガワット級の風力発電可能性調査が完了したと付け加えた。

 同局長はさらに、アブダビ石油公社、一部の電力・水道公社、市町村、ドバイ道路・運輸公社、首長国電話公社等、公的機関で限定的に太陽エネルギーの利用を進めていることを披露し、「UAE政府のこの分野への投資は向う10年で数十億ドルにのぼるだろう」と語った。 

このワークショップには再生可能エネルギー分野の専門家約80名が出席した。 

地域最大の太陽エネルギー施設の建設計画はUAE政府が世界初となる「グリーン建築法」の採択を意図している旨を発表して間もなく公表された。UAE政府は持続可能な建築環境を実現する先駆者を目指しており、2008年初頭からの新規プロジェクトに対してグリーン建築技法の導入を開始している。 

翻訳=IPS Japan浅霧勝浩 

最新情報

米国桜寄贈110周年記念集会

「共和国の日」レセプション

「核兵器なき世界への連帯―勇気と希望の選択」展

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken