spot_img
SDGsGoal7(エネルギーを皆にそしてクリーンに)|UAE|国連事務総長が「シャムス1」太陽熱発電所を視察

|UAE|国連事務総長が「シャムス1」太陽熱発電所を視察

【アブダビWAM】

国連の潘基文事務総長は5月5日、マスダールの集光型太陽熱発電所(CSP)「シャムス1」を視察した。発電規模100メガワットのこの発電所は、中東地域で最大規模の再生可能エネルギープロジェクトである。潘事務総長は、各国閣僚(約70ヵ国)、国際機関、民間、市民社会のリーダーらを招集して、気候変動問題を協議する国連ハイレベル会合「Abu Dhabi Ascentアブダビ会合)」(5月4日・5日)に出席するためアラブ首長国連邦(UAE)を訪問中である。

現地を訪れた潘事務総長は、「太陽光を利用することで、UAEは地球温暖化ガスの削減を推進する一方、雇用を創出し、低炭素経済の進歩に資する基盤を構築しています。」と語った。

潘事務総長の「シャムス1」視察には、マスダール会長で国務大臣のスルタン・アーメド・アル・ジャベール博士が同行した。

Shams 1/Utilities me.com
Shams 1/Utilities me.com

スルタン・アーメド・アル・ジャベール博士は、「『シャムス1』は気候変動緩和に貢献する活動事例であるとともに、他国の手本となるプロジェクトです。再生可能エネルギーは、気候変動と持続可能な開発に取り組むうえで根本的な要因です。この発電所は、UAE政府がいかにして持続可能なエネルギー問題の解決策を生むだすうえで主導的な役割を果たしてきた実例です。

2013年3月に稼働を開始した『シャムス1』は、中東地域の再生可能エネルギー開発において画期的な出来事だった。マスダール、トータルアベンゴア3社による共同プロジェクトの発電規模は最大100メガワットで、UAE国内の2万世帯にクリーンエネルギーを供給し、その二酸化炭素削減効果は17万5000トンにのぼる。(原文へ

翻訳=IPS Japan

関連記事:

|UAE|大統領が出席して世界最大のCSP方式による発電所の操業が始まる。

|セーシェル共和国|マスダール支援の風力発電所が稼働

|世界未来エネルギーサミット|中東エネルギー危機のトンネル抜け、光明見出す

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken