spot_img
ニュース|UAE|「公共交通機関の利用で資源節約を」と地元紙

|UAE|「公共交通機関の利用で資源節約を」と地元紙

【アブダビWAM】

地元英字日刊紙「ナショナル」は、アブダビ運輸局が推進している「パークアンドライド・イニシアチブ」を称賛して、「市民が公共交通機関を積極的に活用することで、貴重な天然資源を節約できる。」と報じた。

同紙は1月20日付の論説の中で「マイカー依存の現状を改革するには、市民の認識が変わらなければならない。」と報じた。アブダビ運輸局は1月16日、「マイカー利用を減らしできるだけ公共交通機関を利用しよう。そうすればアブダビの交通渋滞と公害はまもなく過去の遺物となるだろう」というスローガンとともに、「パークアンドライド・イニシアチブ」を開始した。

同紙が伝えたところによると、ザイード・スポーツ・シティにはアブダビ各地へとつながるシャトルバスの発着場があり、利用者は周辺に設けられた無料駐車場にマイカーを停めて利用できるという。

アブダビ運輸局は2008年に公共バスの運行を開始して以来、一貫して首都圏の路線網の拡大と運行バス台数の増強を図ってきた。「UAEでは国内輸送網の刷新が進められており、アブダビでも近い将来、高速鉄道、路面電車、地下鉄などマイカー以外の移動手段が充実する見込みだ。」と同紙は報じた。

「残念ながら、UAEでは公共交通機関を利用した方が安価で安全なうえに、駐車場を探し回る煩雑さからも解放されるというメリットがあるにも関わらず、依然としてマイカー文化が支配的なために、アブダビ市民も公共交通機関全般を避ける傾向にある。」とナショナル紙は報じた。(原文へ

翻訳=IPS Japan

関連記事:

|輸送と環境|持続可能な交通政策を目指すアジア

|UAE|「アル・アイン事故は大型トラックの安全対策を促す警鐘とすべき」とUAE紙

|輸送と環境|紙と鉛筆があればできるエコ・プロジェクト(遠藤啓二)

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken