spot_img
MultimediaATOMプロジェクト名誉大使カリプベク・クユコフ氏インタビュー

ATOMプロジェクト名誉大使カリプベク・クユコフ氏インタビュー

Filmed by Katsuhiro Asagiri, Multimedia Director, President of INPS Japan.

INPSは、パグウォッシュ会議が「新たな核の危機に直面して」というテーマを掲げ、カザフスタンで「核実験に反対する国際デー」(8/29)に合わせて開催したを第62回総会を取材した。ラメシュ・ジャウラ編集長とアスタナで合流したINPS Japanの浅霧勝浩マルチメディアディレクターは、会議期間中、「ATOM(廃止する=Abolish、実験=Test、私たちの使命=Our Mission)プロジェクト」の名誉大使で、腕のない芸術家・反核活動家であるカリプベク・クユコフ氏とのインタビューを収録した。

クユコフ氏は、セミパラチンスク核実験場の閉鎖に重要な役割を果たした。ソ連時代、クユコフ氏を含む150万人以上のカザフスタン国民が核実験の影響に曝され、今日までに、奇形や疾病、生涯にわたる健康上の問題を抱えた子どもたちが生まれてきた。

Honorary Ambassador of the ATOM Project and non-proliferation activist Karipbek Kuyukov talks to IDN-INPS about the success of the broad-based movement for the closing down of the nuclear testing site independent Kazakhstan inherited from the Soviet Union after its collapse. He urges North Korea to end nuclear tests and appeals to the international community to help usher in a world free of nuclear weapons.

翻訳=INPS Japan

関連記事:

カザフスタン、核不拡散に向けた重要な一歩でIAEAに加わる

核軍縮に向け画期的な成果(セルジオ・ドゥアルテ元国連軍縮問題担当上級代表)

パグウォッシュ会議年次会合を取材

最新情報

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken