spot_img
ニュース「憲政記念館・代替施設」が開館

「憲政記念館・代替施設」が開館

【東京IDN=石田尊昭

Ozaki Yukio Memorial Foundation
Ozaki Yukio Memorial Foundation

尾崎行雄記念財団が寄付を募り、全国から寄せられた浄財で建設した「尾崎記念会館」。1960年の完成と同時に衆議院に寄贈されました。その後、新館が増築され、1972年に「衆議院 憲政記念館」として開館、現在に至ります。

その憲政記念館が建て替えのため今年(2022年)1月末から休館し、5月下旬から工事が始まりました。建物は全て解体され、今から約6年かけて現在の敷地に「新たな国立公文書館」とともに新・憲政記念館が建設されます。(2028年度中に開館予定)

この建替工事に伴い、「憲政記念館・代替施設」が国会参観バス駐車場横に造られ、ついに昨日(6月2日)開館しました。

代替施設は、あくまで一時的なもので、延床面積もこれまでより小さく、展示物も少なくなっていますが、その分、随所に工夫が施され、見やすく、分かりやすく、子供から大人まで楽しめるような作りになっています。

Ozaki Yukio Memorial Foundation
Ozaki Yukio Memorial Foundation

オープンの前日、内覧会が開催され、衆議院議長・副議長、議院運営委員ほか多くの関係議員が出席しました。議長の挨拶、テープカットの後、憲政記念館(衆議院事務局)の皆さんによる丁寧な説明を受けながら、私も一緒に展示室や会議室などをまわりました。この代替施設の開館に向けて、憲政記念館の皆さんが大変苦労されていたのを知っている分、感慨もひとしおでした。

ところで、今年1月26日、「現憲政記念館に対する感謝の会」が、岡田憲治・衆議院事務総長のもと、関係者のみで開催され、現館長・元館長、私など6名ほどが出席しました。そこで、これからの新記念館建設に向けての思いを話すよう求められ、以下の通り述べました。

Ozaki Yukio Memorial Foundation
Ozaki Yukio Memorial Foundation

「これからのことを申し上げますと、どんなに立派な建物ができても、そこに魂がこもらないとただのコンクリートですから。この憲政記念館が新しくなるに当たって、今までどういう思いでここが造られてきたのか、運営されてきたのか、どういう先人たちの知見や経験がここに埋まっているのか、そして尾崎行雄を始め当時の議会制民主主義の発展に尽くした数多くの政治家、思想家、研究者、こういった方々の思い、理念、そういったものを我々は受け継ぎ、語り継いでいく使命があるんだと思います。その意味では、憲政記念館にしっかりと魂を入れていく。令和10年度にここにどんな立派な建物ができても、そこに我々が魂を宿していかないと意味がないと思っています」
(「憲政だより・時計塔」令和4年春季 No.030 より抜粋)

Ozaki Yukio Memorial Foundation
Ozaki Yukio Memorial Foundation

ぜひ、この「憲政記念館・代替施設」にもお越し頂き、皆様の手で魂を宿し、先人の思いを受け継ぎ、語り継いでいってください。

INPS Japan

関連記事:

尾崎行雄生誕160周年を迎えて

「第69代全米さくらの女王と伊勢来訪 」(石田尊昭尾崎行雄記念財団事務局長)

「尾崎行雄と三女・相馬雪香の信念と生き方」(石田尊昭尾崎行雄記念財団事務局長)

最新情報

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken