SDGsGoal13(気候変動に具体的な対策を)|視点|世界の指導者たちへ、あなたがたは今、耳を傾けていますか?(ファルハナ・ハクラーマンIPS北米事務総長・国連総局長)

|視点|世界の指導者たちへ、あなたがたは今、耳を傾けていますか?(ファルハナ・ハクラーマンIPS北米事務総長・国連総局長)

【トロントIPS=ファルハナ・ハクラーマン】

今年も国連気候変動会議が開催される。11月末にドバイで開催されるCOP28で、「世界の指導者たち」が冷房の効いた2週間にわたる喧々諤々の議論を控えている中、このような約束と行動が一致することがほとんどない毎年恒例の大会について、私たちが失望し、皮肉にさえ聞こえることをお許しいただきたい。

2023年は、地球にとって過去12万5千年で最も暑い年になることはほぼ確実であり、すでに壊滅的な暴風雨、洪水、極度の干ばつ、山火事が発生している。9月と10月は、世界の月別最高気温の衝撃的な記録を打ち立てた。

COP28 Official Logo
COP28 Official Logo

地球の生態系は警告信号を点滅させている。泥炭地や熱帯湿地帯の巨大な炭素吸収源は、温室効果ガスの排出源へと姿を変えようとしている。南極の海氷の融解は加速し、北極では今後10年間で晩夏の海氷が完全に失われる危険性がある。そしてアマゾンの干ばつと森林伐採は、熱帯雨林をサバンナに変えてしまうかもしれない。

今年の締約国会議(COP)は、2015年の画期的なパリ協定と、2050年までに温室効果ガス排出量を2010年比で45%削減し、正味排出量をゼロにすることで世界の気温上昇を産業革命前の1.5度以内に抑えるという2030年中間目標の中間地点で開催される。

しかし、現状は目標からは大きく外れている。世界各国政府の公約に基づくと、2030年までに2010年比で排出量が大幅に増加する方向にある。

Antonio Gutierrez, Director General of UN/ Public Domain
Antonio Gutierrez, Director General of UN/ Public Domain

COP28では、気候変動対策を加速させるためのロードマップが切実に求められている。しかし、主要な排出源である化石燃料を段階的に削減する代わりに、大国や裕福な国々は、アントニオ・グテーレス国連事務総長の言葉を借りれば、「文字通り化石燃料の生産を倍増している。」

国連主導の「2023年生産ギャップ報告書」によれば、各国政府は2030年においても、温暖化を1.5℃に抑えるのに必要な量の2倍以上の化石燃料を生産する予定である。

同報告書では、計画生産による炭素排出量が最も多い上位10カ国を挙げている: 石炭はインド、石油はサウジアラビア、石炭、石油、ガスはロシアである。大規模な計画を持つ主要産油国には、米国とカナダも含まれている。

アラブ首長国連邦は、11月30日に開幕したCOP28の主催国であり、同国の産業・先端技術大臣でアブダビ国営石油会社のグループCEOであるスルタン・アフメド・アル・ジャベールが議長を務めている。

もちろん、生産者も顧客がいなければ生産はできない。世界最大の温室効果ガス排出国である中国は、2022年に週に2基の大型石炭発電所の新設を承認した。

では、私たち人類はすでに地球を戻れないところまで追い込んでしまったのだろうか。負のフィードバック・ループが連鎖し、6,500万年前に恐竜が絶滅した前回以来の6回目となる大量絶滅を引き起こしているのではないだろうか。

おそらくまだ……かなり……しかし、おそらく近いうちに。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の科学者たちは、今年発表された第6次評価報告書の中で、世界は「すべての人にとって暮らしやすく持続可能な未来を確保する機会は、急速に小さくなりつつある。今後10年に実行される選択と行動は、現在、そして何千年にもわたって影響を及ぼすものとなるだろう」と指摘している。

mage credit: IPCC Sixth Assessment Report
mage credit: IPCC Sixth Assessment Report

彼らは昨年も同じことを言ったが、当時は耳を傾ける者はほとんどいなかった。今はどうだろうか?

排出量の削減は、徹底的かつ速やかに行われなければならない。それがCOP28の核心である。グテーレス事務総長をはじめとする多くの人々が声高に訴えているように、世界の指導者たちは、ドバイで化石燃料の段階的廃止に合意し、産油国の主人が今年だけで数十億ドルの利益を得ることを可能にしたロビイストたちに耳を貸さないようにしなければならない。

IPCCの科学者たちが指摘しているように、ありがたいことに、気候変動対策は進んでいる。世界の温室効果ガス排出量の増加率は鈍化し、ピークに達している可能性がある。太陽エネルギーや風力エネルギー、バッテリーのコストは下落し、再生可能エネルギーの導入は予想よりも早く進み、森林破壊の割合は減少している。

IPCCのホーソン・リー議長は昨年4月、こう注意を喚起した: 「我々は温暖化を抑えるために必要なツールとノウハウを持っている。」

国際エネルギー機関(IEA)が発表した最新の「世界エネルギー見通し2023」にも、勇気づけられる要素がいくつかある。英国のカーボン・ブリーフ社がIEAのデータを分析したところ、エネルギー使用と産業による世界のCO2排出量は、早ければ今年中にピークに達する可能性があるという。これは、ロシアのウクライナ侵攻に端を発した世界的なエネルギー危機の影響もある。中国の経済成長の鈍化も一因だ。

化石燃料のピークは、低炭素技術の「止められない」成長によって引き起こされるが、再生可能エネルギーの設備容量は2030年までに3倍になるとIEAは言う。これはCOP28の重要な成果として、この分野での世界的な優位性を考えれば、中国が承認すべき要素である。

バングラデシュの科学者であり、気候正義の活動家であったサリームル・ハク教授は、10月28日に71歳で亡くなった。気候危機がもたらす不平等な苦しみについて、常に道徳的な問題を提起していたハク教授は、エジプトで開催されたCOP27で基本合意されたものの、まだ実施されていない「損失と損害」基金の代表者とみなされていた。

最近の準備協議では一定の進展があり、途上国は暫定的に基金を世界銀行の傘下に置くことを認めた。しかし、米国は依然として、気候危機の歴史的責任を負う富裕国からの拠出は任意であると主張し、中国は「途上国」であることを理由に免除を主張している。COP28はこの基金を軌道に乗せる必要があり、中国も地政学的な駆け引きをやめるべきだ。

昨年、『ネイチャー』誌から世界の科学者トップ10に選ばれたハク氏は、UAEのアル=ジャベールに公開書簡を送り、「ドバイ損失・損害基金」の設立を発表することで、長引く議論を先取りするよう促していた。

「私の知る限り、COP28の終わりに、損失と損害の基金問題で「進展があった 」としか言えないのであれば、それは命取りになるでしょう」とハク氏は書き、「地球上で最も貧しく、最も弱い立場にある人々」への緊急支援を要求した。その例として、「徒歩、自転車、ボート、バスで毎日ダッカに到着し、市内のスラム街に消えていく2000人を超える気候変動避難民」を挙げた。

グラスゴーでのCOP26で残されたもう一つの公約は、2025年までに適応資金を2019年の水準から倍増させるというものだった。しかし資金拠出はニーズに比べれば小規模である。また、化石燃料への補助金(IMFは昨年、世界で7兆ドルに達したと見積もっている)と比べると些細なものにとどまっている。

ベテランの科学者たちは最近、地球はこの10年で1.5度のしきい値を超えるだろうと警告した。いずれにせよ、トレンドは明らかであり、必要な行動も明らかである。COP28で気候の不公正を是正できなかったり、化石燃料の利用を終わらせる明確な道筋を宣言できなかったりした場合、世界は厳しい審判を下すだろう。(原文へ

INPS Japan/IPS UN Bureau

関連記事:

国連事務総長のネパール訪問

COP27におけるインド: 中心的役割を果たしたか?

|COP26|政治指導者らが行動をためらう中、SGIが国連青年気候サミットを提案

最新情報

中央アジア地域会議(カザフスタン)

アジア太平洋女性連盟(FAWA)日本大会

2026年NPT運用検討会議第1回準備委員会 

「G7広島サミットにおける安全保障と持続可能性の推進」国際会議

パートナー

client-image
client-image
IDN Logo
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
IPS Logo
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken