spot_img
地域アフリカ|アフリカ南部|ワクチンを買いだめる国々による新たな渡航制限に怒り

|アフリカ南部|ワクチンを買いだめる国々による新たな渡航制限に怒り

【ニューヨークIDN=リサ・ヴィヴェス】

オミクロン株の出現を受けて、日米豪・EU・カナダ等多くの国が、アフリカ南部からの渡航禁止措置を打ち出す中、発生源とされた南アのラマポーザ大統領は、「こうした措置は科学に基づくものではなく、関係国の経済をさらに損ない、パンデミックへの対応力や回復力を弱めるばかりだ」と述べて強い反発を示している。ゴードン・ブラウン元英首相は、「専門家が繰り返し警告していたにも関わらず、途上国へのワクチン供給を怠ってきたつけが新変異株となって先進国に戻ってきている」として、根本的な解決(=途上国へのワクチン支援)を加速するよう訴えている。(原文へFBポスト

関連記事:

|国連|ワクチンを世界の公共財に

|視点|「人類が直面している安保上の問題は気候変動と重度の病気:世界の指導者たちよ、立ち上がれ」(ジョサイア・V・バイニマラマ フィジー共和国首相)

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken