spot_img
ニュース|中東|アラブ連盟がパレスチナ囚人の命を救うよう国際社会に介入を要求

|中東|アラブ連盟がパレスチナ囚人の命を救うよう国際社会に介入を要求

【カイロWAM】
 
アラブ連盟は声明を発表し、国際社会、とりわけ国連、国際赤十字委員会、人権擁護団体に対して直ちに介入し、イスラエル占領下の収容所や監獄でハンガーストライキを行っているパレスチナ人囚人の命を救済するとともに、彼らに対する非人道的な扱いを止めさせるよう強く求めた。

ナビール・エルアラビー・アラブ連盟事務総長は、この声明の中で、「我々は、きわめて深刻な健康状態にありながら無期限のハンガーストライキに入っているパレスチナ人囚人、とりわけ5月末以来のハンストで危険な状況に陥っているとされるアブドゥラ・バグーチ氏が置かれている状況について、重大な懸念をもって見守っています。」と述べた。

エルアラビー事務総長は、そのうえで、国際社会に対して、イスラエル占領当局によるパレスチナ人囚人への虐待を止めさせるよう、強く訴えた。(原文へ

翻訳=IPS Japan

関連記事:

|中東|アラブ議会、アブハムディヤ受刑者の死亡はイスラエルの責任と主張

平和と戦争の種を持つ教科書

|中東|UAE紙、パレスチナ人が抱えるの苦境に取り組むよう訴える

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken