spot_img
地域アフリカ多国籍企業とマリの児童奴隷組織の共謀疑惑

多国籍企業とマリの児童奴隷組織の共謀疑惑

【ニューヨークIDN=リサ・ヴィヴェス】

コートジボワールのカカオ農園でマリから拉致された児童たちが奴隷労働を強いられたとして、カカオ供給先のチョコレート製造大手(カーギル、ネスレ、ハーシーとマーズ等)を相手取った訴訟に焦点を当てた記事。米連邦最高裁判所は、この件について、国外での残虐行為に起因する訴訟を連邦裁判所が審理できるかを判断することに同意したが、カーギルとネスレは、既に児童奴隷労働対策に取り組んでおり、本件を審理する場として米最高裁は相応しくないとして審理却下を訴えている。一方、カカオ豆のサプライチェーンにおける児童労働は過去10年間で悪化しており、コートジボワールとガーナでは今も危険な労働を余儀なくされる18歳未満の児童労働者は約156万人にのぼることが明らかになっている。(原文へFBポスト

INPS Japan

関連記事:

|アフリカ|カカオ生産者がより適正な価格か不売を要求

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken