spot_img
SDGsGoal5(ジェンダー平等を実現しよう)世界伝統宗教指導者会議、女性の社会的地位について議論

世界伝統宗教指導者会議、女性の社会的地位について議論

【ヌルスルタンIDN/アスタナタイムズ】

9月14日から15日にかけて開催される第7回世界伝統宗教指導者会議では、20年の歴史の中で初めて女性の社会的地位に関する特別セッションが開かれると、同会議のプレスサービスが9月8日に報じた。

Congress of the Leaders of World and Traditional Religions/ Photo by Katsuhiro Asagiri
6th Congress of the Leaders of World and Traditional Religions/ Photo by Katsuhiro Asagiri

この会議では、ポスト・パンデミック期における人類の精神的・社会的発展について、世界宗教・伝統宗教の指導者が果たす役割に焦点が当てられる。

このセッションでは、現代社会の持続可能な発展に対する女性の貢献に焦点を当てる。また、女性の社会的地位の向上を図るうえで宗教団体が果たす役割についても議論することになっている。

この会議の講演者には、アラブ諸国連盟のハイファ・アブ・ガザル社会問題担当事務次長、コプト正教会のロサンゼルス兼ハワイ司教、イスラム歴史研究センターのマフムード・エロル・キリッチ所長、アフラ・モハメド・アル・サブリUAE寛容・共存省事務局長、ヌリディン・ホリクナザロフ ウズベキスタン・イスラム教徒精神委員会会長、イシス・マリア・ボルゲス・デ・レセンデUniãoPlanetária会長、ジョナサン・エイトケン クリスチャン連帯ワールドワイド会長など、著名な宗教者や公人が含まれている。

Palace of peace and reconciliation, CC BY-SA 3.0
Palace of peace and reconciliation, CC BY-SA 3.0

パンデミック後の人類の精神的・社会的発展における世界宗教・伝統宗教の指導者の役割に焦点を当てたこの会議には、50カ国から100人以上の代表団が集まる予定だ。その中には、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教、神道、仏教、ゾロアスター教、ヒンズー教などの代表者が含まれ、カトリック教会のトップであるローマ法王フランシスコ、アルアズハルの大導師アハメド・モハメド・エルタイブ、エルサレム総主教テオフィロス3世も含まれている。

教皇フランシスコは、今回のカザフスタン訪問の一環として、9月14日に万博記念広場で、ローマカトリック教徒と他の宗教・宗派の代表者のための野外ミサを行う予定だ。(原文へ

Astana Expo site/ photo by Katsuhiro Asagiri
Astana Expo site/ photo by Katsuhiro Asagiri

INPS Japan

関連記事:

第6回世界伝統宗教指導者会議:「多様性の中の調和」を謳う

教皇フランシスコ、カザフスタンを中央アジアの「信頼できるパートナー」と称える

バチカン会議、「持続可能な開発」と「核兵器禁止」のネクサス(関連性)を強調

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken