spot_img
Multimediaハンマド・アブ・ザイード議長インタビュー(Vatican Conference on SDGs)

ハンマド・アブ・ザイード議長インタビュー(Vatican Conference on SDGs)

Filmed by Katsuhiro Asagiri, Multimedia Director, President of INPS Japan.

INPSは、ローマ教皇庁の人間開発のための部署と諸宗教対話評議会が主催した「宗教と持続可能な開発目標(SDGs)に関する国際会議:地球と貧者の叫びに耳を傾ける」(3月7日~9日)を取材した。会議期間中、INPS Japanの浅霧勝浩マルチメディアディレクターがラメシュ・ジャウラ編集長と共に、レバノンの「スンニ・サイーダ法廷」のムハンマド・アブ・ザイード議長にインタビュー取材した。

ザイ―ド議長は、今回のバチカン会議の意義について、「この地球を守るという共通の目標に向けた宗教間パートナーシップこそが会議の肝であり、私たちが成しうる最も重要なことです。」と指摘するとともに、この会議が宗教間の対立を解消する一助となるかどうかという問いに対して、「ええ。対立の解消にきっと役立つことでしょう。しかし、会議だけでは十分ではありません。有言実行を積み重ねていかねばなりません。私たちは(地球を守るための)旅を共に歩みながら、それぞれの教えと理論をもっと実践的なものに変える行動計画を持つ必要があります。」と語った。

Shaikh Muhammed Abu Zaid Chairman of the Sunni Court of Saida in Lebanon talked about his expectation of the ‘International Conference on Religions and Sustainable Development Goals (SDGs): Listening to the cry of the earth and of the poor’, held in Vatican City, from March 7-9, 2019. He is of the view that the conference has brought together people of different faiths together, to talk to each other and work out an action plan to preserve the planet Earth, an important aim of the SDGs.

INPS Japan

関連記事:

|バチカン会議|世界の諸宗教にSDGsへの協力求める

SDGsをテーマとしたバチカン会議を取材

|バチカン会議|世界の諸宗教がSDGサミットに備える

第6回世界伝統宗教指導者会議:「多様性の中の調和」を謳う

最新情報

「共和国の日」レセプション

「核兵器なき世界への連帯―勇気と希望の選択」展

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken