spot_img
地域アジア・太平洋旧ソ連構成国のユーラシア軍事同盟がセミパラチンスク核実験場閉鎖30周年を記念する

旧ソ連構成国のユーラシア軍事同盟がセミパラチンスク核実験場閉鎖30周年を記念する

【ニューヨークIDN=ラドワン・ジャキ―ム】

核実験に反対する国際デー」(8/29)を前にCSTO(集団安全保障条約機構)は声明を出し、30年前のソ連崩壊時に最大規模であったセミパラチンスク核実験場を閉鎖し世界第4位の核戦力を放棄したカザフスタン初代大統領の英断を称えるとともに、引き続き核不拡散と核実験禁止を目指す決意を表明した。CSTOは旧ソ連の6カ国(ロシア、カザフスタン、アルメニア、キルギス、タジキスタン、ベラルーシ)で構成し、第3国が軍を駐留する場合、全ての加盟国の事前了承をとらなければならない。(原文へFBポスト

INPS Japan

関連記事:

|核実験に反対する国際デー|核兵器禁止へのコミットメントを再確認する、と国連事務総長

|核実験禁止国際デー|プロメテウスの核の炎を消す

最新情報

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken