spot_img
地域アフリカ「レソトが英国から独立」

「レソトが英国から独立」

【東京IDN/尾崎行雄記念財団】

本日のトピックは、尾崎行雄の三女・相馬雪香が晩節に力を注いだ社会貢献活動の一端に関するご紹介です。

およそ半世紀に渡り尾崎財団を支え続けた相馬雪香。彼女の晩年は今年で18期目を迎える人材育成塾・咢堂塾(がくどうじゅく)、そして「アフリカのスイス」と呼ばれるレソト王国との友好に捧げられました。

相馬は2008年(平成20年)、日本とレソト王国との友好親善を目的とした日本レソト王国友好協会を発足、会長への就任後ほどなくしてこの世を去りました。その志は同じく相馬の志を継いだNPO法人・一冊の会が同国との友好を今も継続していますが、3.11後も同国のリチャド・ラモエレツィ大使閣下が福島の相馬市を訪問されるなど、わが国にとってかけがえのない友好国でもあります。前置きが長くなりましたが、1966年(昭和41年)10月4日、レソトが英国から独立した日でもあります。同国との友好は当財団の理事でもある石田が理事長を務める一冊の会が、恐らくわが国で一番の民間外交を展開しています。

INPS Japan

関連記事:

会員・支援者が紡いだ60年の歴史(石田尊昭尾崎行雄記念財団事務局長)

FAWA(アジア太平洋女性連盟)が創立60周年記念総会を開催

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken