spot_img
SDGsGoal5(ジェンダー平等を実現しよう)科学分野の男女平等については、一部の富裕国が開発途上国より大きく後れを取っている

科学分野の男女平等については、一部の富裕国が開発途上国より大きく後れを取っている

【パリIDN=ジャヤ・ラマチャンドラン】

SDGsと第4次産業革命に主眼を置いた最新のユネスコサイエンスレポート(4月に全編が公開予定)に収録されてる科学分野における男女差の現状(工学・科学系の学位取得者に占める女性の割合:世界平均33%)を解説した記事。科学分野の男女平等については、一部の富裕国が開発途上国より大きく後れを取っている(フランスとドイツが28%、韓国20%、日本がOECDで最悪の17%)一方、男女平等をほぼ達成している国々の特徴として、一部のアラブ諸国で女性研究者が急増傾向にあること(クウェート53%、アルジェリア47%、エジプト46%)、男女平等を重視した旧ソ連のレガシーがある国々で常に比率が高いこと(カザフスタン53%、アゼルバイジャン59%、キューバ49%)を指摘している。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

|世界市民|「私から私たちへ」を平和につなげる

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken