spot_img
地域アジア・太平洋アフガン情勢が緊迫化するなか、流動化しつつある南アジア情勢

アフガン情勢が緊迫化するなか、流動化しつつある南アジア情勢

【コロンボIDN=スゲスワラ・デナディラ】

米軍のアフガニスタン撤退とタリバンの支配地拡大を受けてアフガンの安定に密接な利害関係を持つ周辺諸国の動向を分析したコラム。タリバンの勢力拡大は、イスラム原理主義勢力の浸透を警戒する中国(一帯一路政策と隣接する新疆ウィグル地域への影響)、中央アジア諸国、アフガン政府との密接な安全保障関係を構築してきたインド、さらには中央アジアへの米軍の拠点模索を警戒するロシアをして、アフガン政府とタリバン間の早期停戦・暴力停止、及び(上記すべての国が加盟する)上海協力機構としてアフガン政府と積極的に協力する姿勢を打ち出す動きへとつながっている。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

|米国|「帝国の墓場」アフガニスタンからの撤退(ソマール・ウィジャヤダサ国際弁護士)

カブール訪問「アフガンメディアフォーラム取材」(浅霧勝浩)

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken