spot_img
ニュースドイツの新法は、グローバルサプライチェーンにおける人権侵害に対して企業の責任を求める

ドイツの新法は、グローバルサプライチェーンにおける人権侵害に対して企業の責任を求める

【ベルリンIDN=リタ・ヨシ】

ドイツ政府が義務化に踏み切った人権デューデリジェンスの内容に対するNGOの声を取り上げた記事。バングラデシュのラナプラザ繊維工場の崩壊事故等、サプライチェーンの末端で起こる人権侵害を防止し責任追及するメカニズムとして、人権デューデリジェンスの義務化を訴えてきた国際人権NGO『ビジネスと人権リソースセンター(BHRRC)』は、国連のガイドラインを前進させる重要な一里塚としてドイツの決定を歓迎しつつも、ハイリスク分野(縫製業等)の中小企業が規制対象に入っていない等、内容は改善の余地が大いにあると指摘している。(原文へFBポスト

INPS Japan

関連記事:

|ドイツ|新法が、サプライチェーンにおける人権侵害に終止符を打つか

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken