spot_img
SDGsGoal10(人や国の不平等をなくそう)中印ドイツ大使のRSS本部訪問について非難が高まる

中印ドイツ大使のRSS本部訪問について非難が高まる

【ナグプールIDN=OFMI】

スリランカの極右団体の本部をドイツ大使が訪問したことを巡る諸議論を報じた記事。リンドナー大使は世界最大級のボランティア団体を訪問したとしているが、ヒンズー至上主義を掲げる「民族義勇団(RSS)」は、過去にユダヤ人をはじめとする国内少数民族の迫害を進めたナチス・ドイツの政策を賛美たり、マハトマ・ガンジーの暗殺者も輩出した武闘派団体の側面ももっている。最近では、ノルウェー連続テロ事件を引き起こしたアンネシュ・ブレイビクがRSSの思想を礼賛していたほか、2002年に2000人以上のイスラム教徒が虐殺された暴動を主導したとみられている。South Asian OutlookとIDNのコラボ記事第8弾。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

過去の残虐行為の歴史を政治利用してはならない(トーマス・ハマーベルグ)

最新情報

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken