spot_img
SDGsGoal10(人や国の不平等をなくそう)|中東|平和・共存を呼びかける女性デュオ

|中東|平和・共存を呼びかける女性デュオ

【エルサレムIPS=ジェロルド・ケッセル、ピエール・クロシェンドラ】

毎年5月になるとヨーロッパ諸国や地中海沿岸国から国を代表する歌手が集まり、国別対抗の大々的な音楽祭が開かれる。今年の『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』はモスクワで5月12日から16日までの日程で開催され、テレビ視聴者は1億人を超えると見られている。 

歌唱力・振り付け・華々しさなどコンテストには様々な評価基準があるが、特に今年度は「イスラエルによる戦争行使の正当性」の問題をめぐる評価・議論が紛糾し、政治色の強いコンテストになると予測されている。 

イスラエルの放送局(IBA)はイスラエル代表として生まれの異なる女性デュオを選んだ。ユダヤ系イスラエル人のAhinoam Nini(39)さんと、アラブ系イスラエル人の血を引くMira Awad(33)さん。彼女たちは2人とも平和主義者である。

 「我々は過激な民族主義に傾倒してはいけない」とAwadさん。家族がイエメン出身のNiniさんも「平和と共存こそが必要だ」と訴える。 

しかし、2人に向けられる視線は様々だ。「彼女たちはイスラエルの広告塔だ」、「多くのパレスチナ人が殺されているのにユダヤ人とアラブ人の共存なんて有り得ない」、「彼女らは夢見る理想主義者である」などの批判的意見も多い。有名なパレスチナ人俳優ムハンマド・バクリー氏も「戦争擁護者に利用されているに過ぎない」と話した。 

一方、イスラエル人は平和を訴える彼女たちの歌声が多くの人々の心を動かすこと、イスラエルに対する偏った考えに何らかの変化をもたらすことを望んでいる。民族の対立を超えた女性デュオについて報告する。(原文へ) 

翻訳/サマリー=IPS Japan 浅霧勝浩 


関連記事: 
イスラエルから和平を求める声 
|日本-中東|中東和平に手を差し伸べる小さな街の試み 
|カンボジア|戦前のクメール音楽、復活

最新情報

米国桜寄贈110周年記念集会

「共和国の日」レセプション

「核兵器なき世界への連帯―勇気と希望の選択」展

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken