spot_img
地域アフリカ|スーダン|賭けに出たクーデターの指導者

|スーダン|賭けに出たクーデターの指導者

【ニューヨークIDN=リサ・ヴィヴェス】

2018年12月に30年に亘ったバシール独裁政権を倒して以来、民政移管に向けて統治評議会による軍民合同統治が続いていたスーダンで、軍トップのアブデル・ファタ・ブルハン将軍(統治評議会議長)によるクーデター(10/25)が発生した。既に最大の権力を掌握していたブルハン議長があえてここでクーデターを起こした諸要因(公約どおり民間人に統治評議会の主導権を引き渡せば権力を失うことを恐れた、ICCからダルフール虐殺の責任を問われることを恐れた等)と内外の反応を分析した記事。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

クーデターの指導者たちは国連演説に正当性を求めようとしたのか

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken