spot_img
地域アジア・太平洋ガンビアがミャンマーによるジェノサイド条約違反を訴えた重要性

ガンビアがミャンマーによるジェノサイド条約違反を訴えた重要性

西アフリカのイスラム教国ガンビアが国際刑事裁判所(ICJ)に提訴した「ロヒンギャ大量虐殺」疑惑を巡る問題点と、ミャンマーによる違反が指摘されている集団殺害罪の防止及び処罰に関する条約(ジェノサイド条約)の中身、さらには国際社会の対応を分析したルネ・ワドロー世界市民協会会長の視点。ルワンダ国際戦犯法廷に関与した経験があるガンビアのタンバドゥ法務大臣は、「(今回の提訴を通じて)われわれは周りで起こっている恐るべき残虐に対してミャンマーおよびそのほかの国際社会に明白なメッセージを送っている。ミャンマーで発生している大量虐殺を目の前にして何も行われていないことは恥ずべきことである。」と語った。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

ロヒンギャ難民は依然として危険な状況にある

最新情報

米国桜寄贈110周年記念集会

「共和国の日」レセプション

「核兵器なき世界への連帯―勇気と希望の選択」展

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken