spot_img
ニュース|UAE|「観光業はこの3年で8%の成長を記録」

|UAE|「観光業はこの3年で8%の成長を記録」

【アブダビWAM】

国家統計局(NBS)によるとアラブ首長国連邦(UAE)の観光セクターは世界的な金融危機後の3年間で8%成長した。

NBSは「世界観光の日」にあたる9月27日、UAE観光業の成長率はこの1年で2.9%と引き続き順調な伸びを示しており、UAE全体のホテル数も575件(その内69%に当たる399件がドバイに立地)に増加した、と発表した。

アブダビのホテル数はドバイに次ぐ2位で81件(14%)、3位はシャルジャの46件(8%)であった。そして残りの4首長国(アジュマーン、ウンム・アル=カイワイン、フジャイラ、ラアス・アル=ハイマ)のホテル総数が残りの9%を占めている。

またUAE観光産業が提供したホテル客室数は8.2%伸び、2012年を通じて総計88116室に達した。またUAEを訪問した観光客数は2011年の間に19.3%伸び、2012年には1310万人に達した。


観光客の内訳をみると、全体の16%がUAE国籍、13%が湾岸協力会議加盟国(UAE・

バーレーン・クウェート・オマーン・カタール・サウジアラビア)からの訪問者、7%がその他のアラブ諸国からの訪問者であった。また、欧州からの訪問者が33%を占め、残りの31%がその他の国々からの訪問者であった。(原文へ

翻訳=IPS Japan

関連記事:

豪華客船「クイーンエリザベス2」がドバイで水上ホテルとしてオープン予定

|UAE|中国との文化的架け橋を目指すイベントを開催予定

|UAE|世界の主要メーカーが参加してホテルショー2012が開催予定

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken